« Pokemon GO Plus購入&インプレッション | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2016 -Season 15- Bプログラム<花音と浩子のへんてこカノン> in 全労済ホール/スペース・ゼロ »

2016.09.18

「驚きの明治工藝」展 in 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館(上野)で「驚きの明治工藝」を鑑賞。
三の丸尚蔵館に行くとたまに超絶技巧な作品が置いてあるんですが、あれが一堂に会したような美術展でした。

驚きの明治工藝

自在龍

会場に入るとまず目に飛び込んでくるのが、天井からつり下げられたこの「自在龍」。
なかなかの大きさです。
他にも蛇、鳥、鯉、海老、蜘蛛、カマキリ、蝉などなど、自在置物作品がズラリ。
これ全部ホンモノみたいに動くんだよなあ、と思うと、その作りの細かさに圧倒されます。
江戸時代に職を失った甲冑師が作ったものもあるようで、時代の流れを実感。

あ、ちなみに館内は概ね撮影OKでした。

薩摩焼送子観音花瓶

これは「薩摩焼送子観音花瓶」。
小ぶりの花瓶に人や模様がびっしりと描かれてます。
まるでスモールライトで小さくしたかのうような、緻密さ。

背負籠香炉

一番目を惹いたのが、海野勝珉の「背負籠香炉」。
曲線形のフォルムと美しい色合いに素敵なデザインは、まさに完璧。


他にも絵画と見まがうような刺繍や天鵞絨友禅、緻密な七宝などなど、見どころ満載。
何故そこまで作り込むのかってあきれるものばかりで、突き抜けた技術ってスバラシイ!

|

« Pokemon GO Plus購入&インプレッション | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2016 -Season 15- Bプログラム<花音と浩子のへんてこカノン> in 全労済ホール/スペース・ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/64228663

この記事へのトラックバック一覧です: 「驚きの明治工藝」展 in 東京藝術大学大学美術館:

« Pokemon GO Plus購入&インプレッション | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2016 -Season 15- Bプログラム<花音と浩子のへんてこカノン> in 全労済ホール/スペース・ゼロ »