« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016.09.25

谷山浩子・猫森集会2016 -Season 15- Dプログラム<昭乃と浩子の秘密すぎる花園> in 全労済ホール/スペース・ゼロ

本日は猫森集会の7公演目、今年の最終日です。
ゲストは新居昭乃

ゲーム音楽などで名前は見かけていたけど曲はあまり聴いたことが無かったので、今日は心ゆくまで堪能できました。
特にコーラスが凄かった!
すごい存在感の声なのに決して前に出すぎること無く、谷山さんの歌声にしっかり寄り添う感じは、まさに絶品。
「不思議なアリス」に聞き惚れました。
谷山さん曰く「かわいい曲を選んだ」ってことで、他の曲でのコーラスも素敵だったなあ。


猫森集会の前身、101人コンサートスペシャルの時にはコーラスで参加していたこともあったとか。
でもその後で「すごく売れちゃったから」コーラスを頼みづらくなったらしい(笑)

そんな気心の知れた二人ってこともあって、「親密なホメ殺し」なトークが面白かったです(笑)
そして今日も盛り上がるシン・ゴジラな話題。
話聞いてると、もう一度観に行きたくなるわ~。

このコンサートのための共作「秘密の花園」もすごく良かったので、またどこかで再び共演&披露して欲しい!


ところで猫森集会はステージを囲むように四方に客席があるんですが、今日はその左ブロック(ピアノの手前側)。
15年目にして初めてこのエリアに座ることができました、やったー!
これで四方全てに座ったのでミッションコンプリートです(笑)

ピアノ弾いてる後ろ姿を見ることになるから座席としては微妙ですが、でも演者の入場口に近いから入退場時の表情がよく分かるのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展 in サントリー美術館

サントリー美術館(六本木)にて、「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展を鑑賞。

てっきり六本木ヒルズ付近だと思って行ってみたものの、どこにも表示が見当たらず。
案内所で東京ミッドタウンの中だと教えてもらい、10分強かかって到着。
近いようで、意外と距離があるのね~。

美術館の入り口はビルの3階にあり、そこからエレベータで4階に上がったところが第一展示室でした。

…鈴木其一って酒井抱一の弟子だったのか!(館内の説明文を見て初めて知った)
共に琳派なのは知ってたけど、弟子だったとはね~、どおりで画風が似てるわけだ。

絵画や屏風絵、掛け軸に加えて、凧/巨大な絵馬/短冊/ミニ掛け軸/羽子板・・・
色んなモノに描かれていて、それを見てるだけでも楽しかったです。

今回いちばん見応えがあったのが「暁桜・夜桜図」。
対照的な桜を描いており、その構図や色遣い&バランスが見事。
思わずため息が出るほどの素晴らしい作品でした。


他にも「木蓮小禽図」「白椿に楽茶碗図」「萩月図襖」「十二ヶ月花鳥図扇面」といった作品が見応えあり。
花鳥風月を描いたモノが、品があって好きだわあ。

今まで「酒井抱一>>鈴木其一」だと思ってたけど、今日の美術展を見て「酒井抱一≧鈴木其一」くらいな感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

谷山浩子・猫森集会2016 -Season 15- Bプログラム<花音と浩子のへんてこカノン> in 全労済ホール/スペース・ゼロ

新宿のスペース・ゼロに谷山浩子・猫森集会を観に行ってきました。
全7日間の行程の2日目、Bプログラムです。

猫森集会への参加は今年で15年目。
毎年来ているので、もはや秋の恒例行事ですね。会場に入った瞬間、「またここに帰ってきたなあ」って思うし(笑)

今年は「Season15」と銘打たれてますが、谷山さん曰く「(テレ朝の)相棒と共に歩んだ15年」ってことで付けたんだとか。
なおこの表記は今年限りの模様です。

座席はZ列の中央付近。向こう正面エリアでした。


本日のゲストは分島花音
ライヴで観るのは5年ぶりです。

相変わらず、歌が上手い。
自分の歌というか世界観がきちんと構築されてますね。だから曲を聴けば分け島花音の曲って分かるし。
今日歌った谷山曲のカバーも、ちゃんと自分のモノにして歌ってました。
(「意味なしアリス」がすごく良かった!)

二人で歌い分けした「ガラスの巨人」もなかなかの出来。

ところでなんで彼女がゲストなんだろ~って思ったら、元々谷山さんのファンだったそうです。
正直あんまり打ち解けあえてない感じだったので(でもシン・ゴジラの話では盛り上がってた)、次があるなら期待!

今日のトークで初めて知ったんですが、「銀河通信」の編曲って鷺巣詩郎が手がけてたのね。
以前は谷山曲の編曲を色々やっていたそうで、意外なところで繋がってるんだなあ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「驚きの明治工藝」展 in 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館(上野)で「驚きの明治工藝」を鑑賞。
三の丸尚蔵館に行くとたまに超絶技巧な作品が置いてあるんですが、あれが一堂に会したような美術展でした。

驚きの明治工藝

自在龍

会場に入るとまず目に飛び込んでくるのが、天井からつり下げられたこの「自在龍」。
なかなかの大きさです。
他にも蛇、鳥、鯉、海老、蜘蛛、カマキリ、蝉などなど、自在置物作品がズラリ。
これ全部ホンモノみたいに動くんだよなあ、と思うと、その作りの細かさに圧倒されます。
江戸時代に職を失った甲冑師が作ったものもあるようで、時代の流れを実感。

あ、ちなみに館内は概ね撮影OKでした。

薩摩焼送子観音花瓶

これは「薩摩焼送子観音花瓶」。
小ぶりの花瓶に人や模様がびっしりと描かれてます。
まるでスモールライトで小さくしたかのうような、緻密さ。

背負籠香炉

一番目を惹いたのが、海野勝珉の「背負籠香炉」。
曲線形のフォルムと美しい色合いに素敵なデザインは、まさに完璧。


他にも絵画と見まがうような刺繍や天鵞絨友禅、緻密な七宝などなど、見どころ満載。
何故そこまで作り込むのかってあきれるものばかりで、突き抜けた技術ってスバラシイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.17

Pokemon GO Plus購入&インプレッション

9/16の朝7時、Pokemon GO Plusの発売が開始されました。

ポケモンセンターオンラインにて購入を試みるも、商品画面には辿り着けどカートに入れられない状況。
Amazonでは「GO PLUS」で検索をかけ続けても、ちっとも商品が現れず。

そのうちTwitterに「Amazonで購入」の報告がちらほら上がり始めたのでチェックすると商品ページがある!
あ~JANコード「4902370532029」で検索すると出てくるのかあ、これは盲点だったわ~。

そんなわけで無事に購入完了。
当日お急ぎ便にしたので、夕方には手元に。いやあ、便利な世の中です。

Pokemon GO Plus

箱が小さくてビックリしたけど、本体はもっと小さかった!
手のひらにすっぽり収まるサイズです。二回りくらい大きいのを想像してたから、これは意外でした。


早速ゲームと連動(Bluetoothでペアリング)させて、状況を画面で確認しながら近所を一回り。

ポケストップに近づいたり野生のポケモンが現れると、本体が振動。
(振動パターンはそれぞれ異なるので、判別できる)

ボタンを一回押すだけでポケストップでのアイテム回収や野生のポケモンを捕まえられて、すごく便利!

捕獲に用いるのはモンスターボール(普通のボール)なので、通常よりも逃げられやすいような気も…
画面が見られる状況であれば、何が現れたかを確認して、まあ逃げられてもいいやって相手(ポッポやコラッタなど)に用いるのがいいかも。

ちなみに、Pokemon GO Plus使用中に画面から野生のポケモンを捕まえると、連動が解除されます(そういう仕様)。
その後に再接続するのが、少しだけ面倒(画面上のPokemon GO Plusアイコンクリック後、機器本体のボタンを押す)。
ポケストップからのアイテム回収は画面からでも解除されないだけに、これは何とかして欲しかったなあ…

あと、ポケストップも野生のポケモンも、同時に複数出現した場合、そのうちの一つにしかPokemon GO Plusは反応しません。
(一旦そこを離れて戻ってくれば、別の対象にも反応する)
なのでポケストップが密集してるエリアやポケモンの沸くポイントでは、これ使わずに画面操作した方が効率いいですね。
(ポケスポットとポケモンが一つずつなら、その場から動かずとも順番に反応するかも)

Pokemon GO Plusの反応の早さも申し分なし。
画面ではまだ見えていない野生のポケモンにもいち早く反応したりもします。
若干遅れて反応することもあるけど、それでも2~3秒ほど。
まあ、たまに近くにあるのに沈黙したままの事もあるけど、それはまあご愛敬(笑)


使ってみて一番便利だと感じたのは、アイテム回収。
回収済みのポケストップに再度近づいてもPokemon GO Plusが反応しないのが、すごく助かります。
iPadのみで遊んでいる時は、近くにポケストップがあるかは音で判断してたんですが(iPadには振動機能ないから)、アイテム回収が終わっていても近くを通ればまた音が鳴るので。


画面でできること全てができるわけじゃないけど、外出ついでにポケモンGOやるなら充分威力を発揮してくれますね。
バックグランドでも動作するから(歩いた分がカウントされるので卵も孵せる)、これから起動時間も増えそうな予感。
(そしてバッテリー消費も増えそう…)


Pokemon GO Plusに関する詳しい説明が公式サイトにあって、色々参考になります。
http://www.pokemon.jp/pokemongoplus-support/
(画面一番上の、「ペアリング・接続」「遊びかた」などのタグから辿る)


---
2016/09/20追記

電車やバスに乗りながらの、Pokemon GO Plus使用がウルトラ便利。
次々現れるポケストップや野生のポケモンを、ボタン一つでさばけるのが素敵です。
相変わらずよく逃げられるけど、戦闘が一瞬で終わるぶん遭遇数も多くなるわけで、何より画面一切見ずに経験値やポケモンが増えていくのがスバラシー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.12

土産物レビューその41:蔵好三坂屋の「駿府物語」「駿府の月」

各地の土産物を自分で買って自分で食べる、土産物レビュー。
本日のアイテムは蔵好三坂屋(静岡)の「駿府物語」と「駿府の月」です。
対になったようなお菓子なので、二つまとめてレビュー。

駿府の月&駿府物語


駿府の月駿府物語


商品名:駿府の月
製造:蔵好三坂屋
価格:税込172円(推定価格)
購入場所:パルシェ食彩館
賞味期限:14日

直径約50mmx厚さ約20mmで、重さは50gほど。

抹茶味の餡はほっこりしており、甘さ控えめ。色も鮮やかです。
皮と餡のバランスも絶妙で、普通に美味しい。

オススメ度:★★★★☆


商品名:駿府物語
製造:蔵好三坂屋
価格:税込172円(推定価格)
購入場所:パルシェ食彩館
賞味期限:14日

直径約58mmx厚さ約24mmで、重さは60gほど。
真ん中がくぼんでます(ドーナツみたいに穴が開いているわけではない)。

夏みかん/オレンジ/いよかん/みかん、といった柑橘類を練り込んだ白あん。ちゃんと果肉も入ってます。
口に入れるとさわやか柑橘系の味が広がりんぐ。
でも最初だけで、食べてる最中にはさほど気にならず。

皮はいたって普通(駿府の月と同じ?)。

オススメ度:★★★★☆


包装や価格、賞味期限がWebのリンク先と異なるのは、法事用に箱詰めで購入したもののため。
(夏場だったので、日持ちするように密封包装だったのかも)

どちらも旨いから、一緒に買って食べ比べるのもよいかと。


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

野坂ひかりBirthday oneman live 『EUPHORIA vol.3』 in 高円寺U-ha

毎年恒例となってきた、野坂ひかりのバースデーワンマンライヴに行ってきました。
場所は高円寺U-ha
駅の南口から徒歩5分弱の場所にある、20人も入ればいっぱいの小さなライヴハウスです。
(そういえば、高円寺って初めて降りた気が)

EUPHORIA vol.3


今日のセットリスト。

第一部
 01.Good night,Sweet hearts Pf/Gt/Vn/Per
 02.泣きながら歩く、ふるさとへ Pf/Gt
 03.秘密のこと Pf/Vn
 04.手紙 Pf
 05.あなたの腕の中で Pf
 06.三日月が光る丘で Gt
 07.夏の夜の幻想曲(ファンタジア) Pf/Gt/Vn/Per

第二部
 08.SECRET GARDEN Pf/Gt/Per
 09.初恋 Pf/Gt/Vn/Per
 10.僕と猫の物語 Pf/Gt
 11.海を泳ぐ Pf/Vn
 12.すれ違い Gt
 13.蝶々 Pf
 14.傷 Pf
 15.観覧車の天辺で Pf/Vn/Per

アンコール
 EN1.眠らない夜を越えて Pf/Gt/Vn/Per
 EN2.ピアノインストメドレー(主よ人の望みの喜びよ~パッヘルベルのカノン)
 EN3.またあした Pf

サポートメンバー ギター:児玉陵、パーカッション:菅野可奈子、ヴァイオリン:乙坂ひかる


小さな空間ゆえの、歌い手と観客との一体感が素晴らしい内容。
空間が音楽で満たされていくのが分かったし、音響もよくて各楽器の音が生き生きと聞こえてきました。

そして相変わらずライヴ自体の完成度が高い!
カルテット編成でも曲によって構成が目まぐるしく変わるから、いろんなパターンが楽しめたし。
特に良かったのがギター伴奏のみの「三日月が光る丘で」。
歌にすごく情感がこもっていて、景色が浮かんでくるような絶品でした。

また来年も、この時期の予定を空けておかねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »