« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016.12.10

みかん箱には幾つみかんが入っているか?

みかんの季節がやって参りました!
毎年箱で買ってますが、いつも疑問に思うのは「いったいこの中にいくつ入ってるんだろう?」ってこと。

そこで、食べる前にちゃんと数えてみることに(笑)

みかんMサイズ<br />
上から みかんMサイズ<br />
一望

みかんSサイズ<br />
上から みかんSサイズ<br />
一望

上の写真がMサイズ10kg入りの箱で、下はSサイズ10kgのもの。
(下の方が)箱の大きさに比べてみかんが小ぶりなのが、写真からも分かります。

個数は、Mサイズが99個、Sサイズが127個でした。
Sサイズのが3割増ですね。

みかんは一度に3~4個食べるので(だって水がわりだし(笑))、自分にとってはたくさん入ってるSサイズの方が圧倒的にお得だなあ、ってことで。

ちなみに値段は買うタイミングによって変わりますが、概ね同じかSサイズの方が安い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.04

ゼルダの伝説30周年記念コンサート in Bunkamuraオーチャードホール

ゼルダの伝説30周年記念コンサートオーチャードホールで観てきました。
任天堂のゲーム「ゼルダの伝説」シリーズに関する音楽をフルオーケストラで堪能するイベントです。

ゼルダの伝説30周年記念コンサート

指揮:竹本泰蔵
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
コーラス:Voces Tokyo

ゼルダのコンサートはムジュラの仮面 3D発売記念コンサート以来、約2年ぶり。
オーチャードホールに来るのも、これが2回目です(こちらは6年ぶり)。

2階左手最後方から鑑賞しました。
高さがあるからなかなか見やすいけれど、表情はギリギリ判別できる程度。
ステージ上部には巨大なスクリーンが設置されてましたが、この距離だとそれも小ぶりに見えます(笑)


本日のセットリスト(会場で配られたもの)
第1部
 ハイラル城
 ゼルダ姫のテーマ
 風のタクトメドレー
 組曲オカリナメロディー
 ボス戦闘曲メドレー
 神々のトライフォース2&3銃士メドレー
 「スカイウォードソード」スタッフロール

第2部
 ゼルダの伝説30周年シンフォニー
 ゼルダの伝説小品組曲
 ゲルドの谷
 「時のオカリナ」ハイラル平原
 大妖精のテーマ
 トワイライトプリンセスメドレー
 ゼルダの伝説メインテーマ


フルオーケストラ+コーラスで総勢100名を越える演奏は圧巻。
前回もそうだったけど、「時の歌」を聞いた時には思わず鳥肌が立つほど。

演奏中は後ろのスクリーンに曲目に関するゲーム映像が流れます。
おかげで、演奏してる人が観たいのに、どうしても映像に目がいってしまうジレンマ(苦笑)
そうそう、ムジュラコンサートではゲーム画面はすべて英語版を使用してましたが(メッセージが字幕だった)、今回はちゃんと日本語版でした。


途中でゲストが登壇。

・青沼英二(最近のゼルダシリーズプロデューサー)
 新作の制作が佳境ってことで、ビデオレターでの登場

・近藤浩治(ゼルダやマリオの作曲)
 音楽制作の話や、「時のオカリナ」ハイラル平原での観客参加演奏の判定(曲の途中でアップ/スローどちらが聴きたいかを観客がセットリストの用紙を使って意思表示)
 アンコールではピアノソロを披露(カカリコ村+メインテーマ)

・手塚卓志(ゼルダの初期作を手がける)
最初の「ゼルダの伝説」の裏話や、作成したときの資料の紹介&解説(これがかなり面白かった)


アンコールでは新作のメイン曲も披露されました。割とおとなしめな印象。
聴きたい曲もあらかた聴けて、大満足なコンサート。これ定期的にやってくれないかなあ。


会場では様々なグッズ販売が行われてましたが、スタッフも多くそして手際が良かったのが印象的。
アイテムの種類がかなり多かったのに滞りなく販売できていて、他のコンサートも見習って欲しいわ~。
(列に並んでる間に、一覧リストと筆記具を配って予め購入アイテムの記入を促してた)

---
関連記事:

音楽で振り返る30年の歴史! 初代『ゼルダ』の秘蔵資料も公開された“ゼルダの伝説30周年記念コンサート”京都公演リポート
http://www.famitsu.com/news/201610/02117293.html

2015.02.07
ゼルダの伝説シンフォニー:ムジュラの仮面3D発売記念コンサート in 東京国際フォーラムホールA
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2015/02/3d-in-a-2a48.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »