« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.27

道玄坂トワイライト Vol.22 in 渋谷七面鳥

MUTUAL CLOCKが出演するライヴイベントを観に行ってきました。
会場は渋谷七面鳥

道玄坂トワイライト Vol.22


出演順に雑感など。

Saki
・ギター弾き語り
・初々しいけど、ギターはなかなか本格的
・3曲目の「空箱」が良かった 曲がいい

◆MUTUAL CLOCK
・見るのは二度目
・ひたすら耳に残る楽曲と、音に包まれる心地よさが最高
・最初と最後の曲が良かった

夛田紀子
・ピアノ弾き語り
・曲がきれい 2曲目が良かった
・伸びやかな歌声の持ち主

ひなたのしずく
・ピアノ弾き語り
・さらっと歌ってるようにみえるのにすごく印象に残る
・カバー曲の選曲が渋い フレンズ(レベッカ)は分かるけど杏村(中島みゆき)とは!
・まだ若いのに昔の曲のカバーだったり、歌とMCとのギャップが面白かった
・また見てみたいアーティスト


MCで「歌詞はあまり気にせずに曲を聴いて欲しい」というような話をしていたMUTUAL CLOCK。
その姿勢にすごく共感。自分も普段曲を聴くときには、歌詞はほとんど聴かずに「いかに曲が耳に心地良いか」を基準にしてるので。
実際二人の音楽はすごく気持ちよかったし、またそのうち見に来るつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並河靖之七宝展 in 東京都庭園美術館

東京都庭園美術館で「並河靖之七宝展」を観てきました。

並河靖之七宝展

庭園美術館に来たのはこれが初めて。まず敷地の広さに驚く。
ここは旧朝香宮をそのまま美術館として利用してるんですね。
建物自体が工芸品だし、内装も豪華で素晴らしい。まさに美術館丸ごと美術品。
殿下居間のカーテンと壁紙が同じデザインなのが素敵でした。

並河靖之は朝香宮の父親(久邇宮)の近侍として仕えたこともあるため、ここは縁のある建物でもあります。

目を惹いた作品をいくつか。

藤草花文花瓶
藤図花瓶
四季花鳥図花瓶
紅葉花鳥図飾扁壺
・梅鶯模様七宝小花瓶

黒地の作品が好きだなあ。
同じ絵柄で青地の作品があると、ぱっと見で目を惹くのは青地の方だけど、吸い込まれそうに見入っちゃうのはやはり黒地。
ビシッと引き立ててますね。

並河靖之と言えば明治時代に超絶技巧な美術品を手がけた一人なわけですが、この美術展では初期や晩年の作品も展示されてました。
最初はかなり野暮ったくて全然人目を惹かないようなものだったのが、技術を磨いてどんどん洗練されていき、最後は芸術作品のような方向へ。
晩年の作品は絶頂期のような色のバランスやデザインの見事さが無く、「確かに凄いんだろうけどソレジャナイ」感満載。
技術が理想に追いついた結果としてそういう方向性になったのか、天才の生涯を見せてもらった感じがします。


これでもかっ!と並河靖之の作品が観られる、いい美術展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

ハンバート ハンバート FOLKはつづくよどこまでも2017 静岡篇 in SOUND SHOWER ark

ハンバートハンバートののライヴを観に行ってきました。
静岡でのライヴは約10年ぶり、ワンマンでは初、とのこと。
近場でハンバート ハンバート見られるのは素敵だわあ。

ハンバート ハンバート

会場は、清水にあるSOUND SHOWER ark
新清水駅(静岡鉄道)から徒歩10分ほどの場所で、エスパルスドリームプラザの向かいにあります。
初めて来ましたが、いいライヴハウスですね~。
キャパは最大600とのこと(今日は座席+立ち見だったので300人くらいかな?)。
中規模のライヴハウスと言ったところでしょうか。

整理番号入場で、待機列は入り口の脇。
幹線道路に面しているため、拡声器使っていても若干聞こえづらい。
なお、入場は整理番号Aからでした。

会場内には簡易クロークがあり(まあ有料の荷物置き場といった感じ)、なんと無線LANが完備。速度が速くて、なかなか快適でした。
物販はホール内の別室に設けられており、入場してくる人の流れから離れてゆっくり見られるのが◎。
室内にはテーブルとイスも置いてあって、休憩も可能。
この規模のハコでこれだけ設備が揃っているのは都心でもなかなか無いかと。
ああ唯一残念なのが、トイレが会場外なこと(入場後に行くには、チケットが必要)。

ホール内の床はフラットで、ステージは高め。
今回イス席の2列目から鑑賞してましたが、演者の顔をみるには少し見上げる感じ。


公式Twitterより、本日のセットリスト。

(第一部)
 01. 結婚しようよ
 02. N.O.
 03. プカプカ
 04. ぼくも空へ(新曲H)
 05. ひかり(新曲C)
 06. まぶしい人
 07. おうちに帰りたい
 08. 小さな恋の歌
 09. さよなら人類
(第二部)
 10. おかえりなさい
 11. 虎
 12. ぼくのお日さま
 13. おなじ話
 14. アメリカの恋人
 15. がんばれ兄ちゃん(新曲B)
 16. ホンマツテントウ虫~幸福拍手歌
 17. 国語
 18. おいらの船
 19. 天使のハンマー
(encore)
 20. メッセージ
 21. 横顔しか知らない

昨年発売されたカバーアルバムにちなんでのツアーなので、当然ながらカバー曲多め。
「小さな恋の歌」(MONGOL800)は初めて聴いたかも。
カバー曲でも完璧ハンバート ハンバートの曲に聞こえるから、油断してるとオリジナル曲と思っちゃうのが、いとをかし。

開演冒頭いきなり長めのMCで始まり、その流れで告知に行こうとしたのが、この二人らしい展開(笑)
ちなみに、第二部はほとんどMCありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

あおしぐれ2ndEPリリースツアー「そうして境界線はなくなっていく-豊橋編はふたりの誕生会-」 in 豊橋club KNOT

豊橋であおしぐれ主催のライヴイベントを鑑賞。
豊橋clubKNOTに来るのは二回目です。
駅のコンコースで売ってたあんまきが旨かった(笑)

あおしぐれ豊橋


出演順に、感想など。

りさボルト
・ギター弾き語り
・歌と真剣に向き合っているのがすごく伝わってきた
・「HOPE」「蛍の光はまだ流れない」の2曲が良かった

電気アンマーズ
・見るのは2回目、前に見たときより良かった
・たぎりまくりな、熱く激しいバンド
・なかなか聴かせる曲が多い

市川聖
・ギター弾き語り 歌うギターお兄さん
・歌声の魅力が存分に伝わる最初と最後の曲が良かった 「まほろば」が○

キイロヒト
・4人組ロックバンド
・みんな気持ちよさそうに演奏してた
・最後の曲がちょっと好き

◆あおしぐれ
本日のセットリスト
 01.???
 02.ヌケガラ
 03.問れ
 04.そうして境界線はなくなっていく
 05.詩
 EN.そうして境界線はなくなっていく

堂々のトリ…だけどいつもと同じ。
でもアンコールがあったのは、珍しい。
聴くほどに沁みる曲の数々、堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

アニメ番組レビュー(2016年12月終了分)

12月で終了したアニメを、独断と偏見で面白かった順に寸評。

終末のイゼッタ
今期は「魔女モノ」が多かった中、これぞウィッチ!な本作
第二次世界大戦時の欧州(と似た世界)が舞台なので、物語の背景分かりやすいのも良かった
OP/ED曲はピンと来なかったものの、それを補って余りある劇伴が最高

響け! ユーフォニアム2
前作で終わっても良かったと思ってたけど、その後がきちんと描かれていて楽しめた
見ている側にも緊張感が伝わってくる素晴らしい演奏シーン、関西大会の様子が圧巻!

夏目友人帳 伍
相変わらずのハイクオリティに大満足
前作から間が空いて、人間関係を思い出すのに少し時間がかかったのが難点くらいか
次作はすぐに始まるようなので、こちらも楽しみ

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校
元々試合シーンの描写がすごく良かったから、今回はそれしか描いてないので面白くないわけがない(笑)
でもできれば前作から間をおかずに放送して欲しかったなあ

舟を編む
実写版(映画)は前に見たことあるので、「ああこんな内容だったなあ」と振り返りながら見てた
アニメならではの「言葉を見せる」表現が冴えていた
「本編とあんまり関係ないじゃん!」などと思いながら見ていたジショタンズが終盤リンクしてくるとは(笑)

ガーリッシュナンバー
今期のダークホース
ダメでダークな「SHIROBAKO」といった感じかしら(苦笑)
終盤に俄然面白くなったので「前半からこんな風だったら…」と思いつつも前半からクオリティ高かったら終盤の盛り上がりも無かったかと思うとなかなか難しいトコロ(苦笑)

ユーリ!!! on ICE(リンク先は音が鳴るので注意)
ギャグとシリアスのバランスが絶妙
スケートにおける音楽の重要性がすごくよく分かったし、演技のシーンは思わず見入ってしまう出来映え
…しかしまともな選手が誰一人出てこない作品だった(笑)

DAYS(2クール)
主人公がサッカー下手なおかげで先の読めないスポーツアニメ…だったんだけど、覚醒しちゃうと少々違和感ががが ほとんど走り込んでるシーンしか見てないからなあ(苦笑)
次回は今期のハイキューっぽい構成にするのかしら?

亜人(リンク先は音が鳴るので注意)
前作ほど主人公の行動に違和感を覚えなかった分、話に集中できた気が
ちょっと非現実的なストーリーと、CGで描かれた絵がすごくマッチしてる

戦国鳥獣戯画 甲
鳥獣戯画チックな戦国武将達が繰り広げるオムニバスな話
所々で見られる巻物風な演出が秀逸
林原めぐみの淡々としたナレーションが雰囲気にあってた

3ねんDぐみガラスの仮面
最近のフラッシュアニメ?はクオリティ高いなあ、と思わせる本作
キャラの性格付けがきちんと原作に準拠していて、なかなか面白かった


途中で見切ったけど印象に残った作品もついでに。

・ブレイブウィッチーズ
5話で見切り
「ストライクウィッチーズ」は最後まで面白くみたんだけどなあ…つまらない朝ドラの典型みたいな雰囲気にちょっと耐えられず

・うどんの国の金色毛鞠
6話で見切り
前クールの「甘々と稲妻」もそうだったけど、「可愛いでしょ!」ってのを前面に出して視聴者におもねる作品は苦手


結局、53本見始めて、終わってみれば完走11本+継続6本(ねこねこ日本史、ぼのぼの、鷹の爪GT、鉄血のオルフェンズ、3月のライオン、信長の忍び)でした。


今回も、アニメ作品評価アンケート調査ブログ「アニメ調査室(仮)」のアンケートに参加します。
評価基準は、以下のとおり。

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可


2017冬調査(2016/10-12月期、終了アニメ、68+1作品) 第43回

01,DAYS,C
02,ナンバカ,F
03,舟を編む,B
04,競女!!!!!!!!,F
05,ViVid Strike!,F

06,ユーリ!!! on ICE,B
07,SHOW BY ROCK!!#,x
08,WWW.WORKING!!,x
09,あにトレ!!XX,x
10,ナゾトキネ,F

11,ドリフェス!,F
12,ドリフターズ,F
13,学園ハンサム,F
14,ステラのまほう,F
15,終末のイゼッタ,A

16,亜人 第2クール,C
17,ペペペペン議員,F
18,てーきゅう 第8期,x
19,アイドルメモリーズ,F
20,はがねオーケストラ,F

21,フリップフラッパーズ,F
22,ブレイブウィッチーズ,F
23,ガーリッシュナンバー,B
24,私がモテてどうすんだ,F
25,怪盗ジョーカー シーズン4,x

26,ポケットモンスター XY&Z,x
27,マジきゅんっ! ルネッサンス,F
28,侍霊演武:将星乱 (ソウルバスター),F
29,Occultic;Nine オカルティック・ナイン,F
30,ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない,x

31,美少女遊戯ユニット クレーンゲール ギャラクシー,F
32,魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン,x
33,うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター,x
34,12歳。ちっちゃなムネのトキメキ セカンドシーズン,x
35,ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校,A

36,Bloodivores (ブラッディヴォーレス),F
37,レガリア The Three Sacred Stars,F
38,雨色ココア Rainy color Waikiki,x
39,奇異太郎少年の妖怪絵日記,F
40,Lostorage incited WIXOSS,x

41,うどんの国の金色毛鞠,F
42,魔法少女育成計画,F
43,戦国鳥獣戯画 甲,C
44,斉木楠雄のΨ難,F
45,刀剣乱舞 花丸,F

46,夏目友人帳 伍,A
47,灼熱の卓球娘,F
48,装神少女まとい,F
49,ぐらP&ろで夫II,x
50,バーナード嬢曰く。,F

51,トゥ・ビー・ヒーロー,F
52,チーティングクラフト,F
53,響け! ユーフォニアム2,A
54,おくさまが生徒会長!+!,x
55,3ねんDぐみガラスの仮面,D

56,ブブキ・ブランキ 星の巨人,x
57,文豪ストレイドッグス 第2期,x
58,(20+4話) レゴ ネックスナイツ,x
59,(全5話) レゴタイム レゴ ニンジャゴー よみがえりの日編,x
60,(全19話) トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章,x

61,(ネット配信) 月曜日のたわわ,x
62,(ネット配信) モンスターストライク,F
63,(ネット配信) 怪獣娘 ウルトラ怪獣擬人化計画,F
64,(ネット配信) ガールフレンド(♪) (全3話),x
65,(特番) おそ松さん おうまでこばなし,x

66,(特番) Fate/Grand Order First Order,F
67,(特番) 探偵オペラ ミルキィホームズ ファンファンパーリーナイト♪,x
68,あおおに じ・あにめぇしょん,F

参考調査
t1,ろんぐらいだぁす! (10話までの暫定評価),F


{総評、寸評など}
10月上旬の時点では「今期は面白い作品ばかりですごい!」とか思ってましたが、終わってみればそうでもなかった(苦笑)
続き物が幅を利かせていた中、終末のイゼッタが孤軍奮闘していた感じ。
まだ放送中の「鉄血のオルフェンズ(2期)」「3月のライオン」がかなり面白い分、それ以外の作品の評価が軒並み下がった気がする今期でした。


---
関連記事:
アニメ番組レビュー(2016年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年9月終了分)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »