« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017.06.23

毛虫に襲われる

庭の手入れをしていて、毛虫に襲われました。
半袖で作業していたのが原因です(苦笑)

夕方に終えたときにはなんともなかったのに、夜になったら両腕に無数の赤い発疹ががが。
(半袖のままでは、外を歩けないレベル)

痒みも強烈で、家にあったムヒソフトはほぼ効かず。
メントール成分の入ったかゆみ止めを塗って、その晩はしのぐことに。
ムヒソフトよりは効いたけど、それでも夜中に痒くて目が覚める始末。
ググったら「1-2週間は痒みが続く」とか書いてあって軽く絶望する(苦笑)

翌日、いろんなWebページで絶賛されていたムヒアルファEXを購入。
さっそく使用してみると…
さすがに塗った直後に痒みがぴたっと止まることはなかったけど、それでも15分くらいで痒みが退いていきました。
5時間くらいでまた少し痒み出すので、塗り直す、これの繰り返し。

結果、3日ほどで痒みが治まりました。
発疹がほぼ消えたのは、発症から10日後。完全に見えなくなるには1ヶ月くらいかかったかな。


結論:
・どんなに暑くても半袖で作業しない
・ムヒアルファEXすごい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

仕事の前にシンナーを吸うな、 in よみうり大手町ホール

シティボーイズの公演に行ってきました。
2年ぶりの新作コントです。しかも1本のみ。
だからこぢんまりした会場でひっそりやるのかと思ったら、意外と大きな場所で驚く(笑)

その会場はよみうり大手町ホール

定員503名、天井の高い本格的なホールでした。
16列左方向からの鑑賞。列ごとに段差があり、とても見やすくて◎。

なんか前に来たことあるような…と思ったら、それは日経ホール。
どちらも大手町で、新聞社の建物内にあるから勘違いしたようです。

シティボーイズチラシ表 シティボーイズチラシ裏

ゲスト:ライス
演出・構成:三木聡
演出補:坪田塁
音楽&ピアノ生演奏:大竹涼太(大竹まことの息子)


三木さんとは「ウルトラシオシオハイミナール」以来17年ぶり。
コント1本とは言え、時間にして30分ほど。
赤を基調としたセットで繰り広げられる、シティボーイズならではの世界を堪能しました。

今回見たのは、全5公演の1本目で、まさに初演。
大竹さんが重要なセリフを間違えて(取り違えて、かな)本気でくやしがってました(笑)
「鍵のないトイレ」(1992年)で強烈な印象を残した「瓶ブタジャム」まさかの再登場や、シティボーイズならではの所作というか流れがあったりと、昔から見ている人にはたまらない内容。

最後は舞台に大量に降り注ぐフリスクで、コント終了。
(散らばった)フリスク回収箱が設けられてました。


あ、ライスのコントも畳み掛けてくるところが面白かったです(こちらは20分ほど)。
シティボーイズの次に登場するのは、プレッシャーもかなりあったんじゃないかと思いますが、なかなかの出来映え。

最後のトークコーナーでは、きたろうが「お笑いスター誕生!! 」で勝ち抜いていた時の裏話をさらっと話して観客を困惑させる(苦笑)
ああ、勝ち抜きの舞台裏ではそんなことになっていたのねー。

今回の公演でもシティボーイズの輝きは全く変わっていなかったので、今後もゆるく続けていって欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

「ひよっこ」リタイア

NHKの朝ドラ「ひよっこ」、8週目でリタイアしました。
勤めていた工場が閉鎖されるかも、といったあたり。

特につまらなくはないんだけど、さりとて面白いわけでもなく、まあもういいかなあ、と。
ああ、お父ちゃんの行方は気になるのでその後も飛ばし見はしてます。一週間分を3分ほどで。

せっかく有村架純を起用してるんだから色んな面を見たんだけど、役どころがあまりにも普通すぎる…
主人公の仲間(しかも登場するのは一時期だけ)がたくさん出てくると、それだけ主役の個性が埋没しちゃう気がするんだけどなあ。
これが親兄弟や親友なら基本的に終盤まで出番あるから、そんなに気にならないんだけどね。


---
これまでに見た朝ドラを時系列で4段階評価。
◎:すごく面白かった ○:面白かった △:最後まで見たけどイマイチ ×:途中で見るのを止めた

 ○心はいつもラムネ色
 ◎はね駒
 ◎あぐり
 ○天うらら
 ×やんちゃくれ
 △あすか
 ○私の青空
 △オードリー
 ○ちゅらさん
 △ほんまもん
 ○さくら
 ×まんてん
 △こころ
 ×てるてる家族
 ×天花
 ×わかば
 ×ファイト
 ×風のハルカ
 △純情きらり
 ◎芋たこなんきん
 ×どんど晴れ
 ×ちりとてちん
 ×瞳
 ×だんだん
 ×つばさ
 ×ウェルかめ
 ◎ゲゲゲの女房
 ×てっぱん
 ◎おひさま
 ◎カーネーション
 ○梅ちゃん先生
 △純と愛
 ◎あまちゃん
 ◎ごちそうさん
 ×花子とアン
 ○マッサン
 ×まれ
 ○あさが来た
 ○とと姉ちゃん
 ×べっぴんさん
 ×ひよっこ

一時期は傑作揃いだったけど、最近はパッとしないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »