« Liptonフルーツインティーがウマウマすぐる | トップページ | Pokemon GO Safari Zone at YOKOSUKA »

2018.08.20

近藤喜文展 in 浜松市美術館

浜松市美術館で開催されている近藤喜文展に行ってきました。
JR浜松駅から徒歩20分ほど(バスだと約8分)。浜松城公園の隣にあります。

スタジオジブリで「耳をすませば」の監督を務めた方ですが、1998年に亡くなられたので、もう20年になるのね…

近藤喜文展1 近藤喜文展2


展示は大きく分けて、ジブリ入社前と入社後の二つ。

前者には、未来少年コナン/名探偵ホームズ/赤毛のアンなど。
また、未完の企画の設定画やコンテなどもいくつか。
世に出なかった企画でも、その後の作品に何らかの形で活かされているのがよく分かりました。

リトルニモ」のパイロットフィルム上映も。
日米合作のこの作品、日本側の監督が宮崎駿→高畑勲→近藤喜文…と移り変わってます。ジブリ黄金リレー(笑)
(最終的に監督となったのは波多正美)
初めて見ましたが、魔女の宅急便やFANTASIAのような雰囲気でした。

ジブリ入社前の作品の数々を見ていると、みんな「似たような顔」になっておらず、作品ごとにキャラデザインが変わっているのが印象的。


ジブリ入社後の作品展示は、
「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「魔女の宅急便」などと、そして「耳をすませば」。

絵コンテを手でパラパラできるコーナーが、ちょっと楽しかったです。
(紅の豚/もののけ姫/平成狸合戦ぽんぽこ)

「耳をすませば」では、キャラのデッサン絵に遊び心があふれてました。
天沢聖司のおじいさんが「死神博士」風に描かれていたり、「火垂るの墓」の節子が登場したり・・・

物語の舞台となった街のモデルである聖蹟桜ヶ丘の紹介も。
聖蹟桜ヶ丘散策マップ

1997/4-2009/3まで使われていた、金曜ロードショーのオープニング映像(おじさんが映写機を回しているヤツ)を手がけてたのも、近藤さんだったのかあ(演出と作画)。

また、実際に使っていた机も展示されており、色鉛筆や紙の束にまじってQPゴールドが置いてあったのが妙にリアルでした(笑)


展示には懐かしい作品が多く、非常に満足度高し。
今ちょうどWOWOWで「未来少年コナン」放送しているのもタイミングよかった(笑)


こうやってクリエーターの原画や絵コンテを見ると、作品そのものよりも本人の個性が見えてきてすごく面白いですね。
これからも色んな人の展示会に足を運んでみようと思います。

|

« Liptonフルーツインティーがウマウマすぐる | トップページ | Pokemon GO Safari Zone at YOKOSUKA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近藤喜文展 in 浜松市美術館:

« Liptonフルーツインティーがウマウマすぐる | トップページ | Pokemon GO Safari Zone at YOKOSUKA »