« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019.12.28

八回目のコミケ

コミックマーケット(C97)に行ってきました。
C87以来、ちょうど5年ぶり。
今回は企業ブースのみ参加です。
C96から使われるようになった青海展示棟に行ったのは、これが初めて。


以下、自分用覚え書き。

参加日:2019/12/28(土曜) 天気:晴れ

0658 東京テレポート駅の改札を出る(青海展示棟の最寄り駅)
0706 待機列最後尾に到着(夢の大橋の上)
0738 待機列固定 列は橋の上の右から3列目 0930頃に移動開始予定と言われる
1000 C97開幕!周りから拍手は聞こえず(企業ブースだから?)
1017 列移動開始
1040 青海展示棟に入る(入場はAホール)
1049 Bホールに移動して買い物終了、脱出!


駅から出たときには人がまばらで、誘導の案内も無し。
(スタッフを捕まえて待機列の場所を聞いた)
まあそこから橋に向かって歩いて行くと、人の多さに驚いたわけですが。

今日は風が穏やかで暖かかったからいいけど、日差し無し&強風だと橋の上での待機はかなり辛そう…

滞在時間10分弱。
青海展示棟は広く、人が多くても全然気にならず。
展示棟入り口が駅からすぐなので、帰りはかなり楽でした。

C97
待機列の最後尾について列固定までの移動中に撮った一枚

| | コメント (0)

2019.12.27

TOHO animation RECORDS the Live 2019 winter in The Garden Hall

TOHO animation RECORDSのレーベルライヴに行ってきました。
会場はThe Garden Hall
…これだけじゃ分かりづらいから「恵比寿」って入れればいいのに。

TOHO animation RECORDS the Live 2019

場所は恵比寿ガーデンプレイスの奥の方。東京都写真美術館の近くです。
建物に入り、階段を昇った先にホールあり。
天井高めだけど、音は若干こもり気味。
ホール内の前半分はフラットで、後方は段差。可動式っぽい椅子が設置されてました。
多目的ホールなのかな。


今日は自由席。チケットに「全自由」って書かれていると椅子席は少数って思ってしまいますが、この公演はちゃんと全員座れるようになってました(笑)

出演順と、歌ったアニメ作品は以下のとおり。
 (K)NoW_NAME(Fairy gone/サクラクエスト/灰と幻想のグリムガル/ドロヘドロ)
 YURiKA(リトルウィッチアカデミア/はねバド!/BEASTARS)
 佐伯ユウスケ(弱虫ペダル/Dr.STONE)
 大原ゆい子(からかい上手の高木さん/はねバド!)

ステージ後ろにはスクリーンがあり、曲に合わせてアニメ作品の映像がバンバン流れるのは、なかなかの臨場感。

サポートメンバーは、こちらの面々。
 ギター:大内慶
 キーボード:荒幡亮平
 ドラムス:一ノ瀬久
 ベース:川島弘光
サポメンが全バンド共通なので、アーティストごとの転換が早かったのはこの手のライブではポイント高し。


合間にアーティストのコラボ企画など挟みつつ。2時間15分ほどでした。

そのコラボが、ちょっと微妙。
YURiKAと(K)NoW_NAME、大原ゆい子と佐伯ユウスケ、などといったここでしか見られない組み合わせで歌ってくれたのはいいんだけど、披露されたのは「前前前世」「打上花火」といった曲。
…TOHO animationが関わってる作品の曲だけどさあ、それ別にここで歌わなくてもいいじゃん(苦笑)
アンコールで最後に全員で歌ったのも「シュガーソングとビターステップ」だし。

選曲はスタッフが行ったようですが、「このメンバーならでは!」ってのが見たかった&聴きたかったですね。
(YURiKAと大原ゆい子が一緒にリトルウィッチアカデミアの「MIND CONDUCTOR」や「透明な翼」を一緒に歌うとか)

そんな中、YURiKAが自身でリクエストしたという「恋のヒメヒメぺったんこ」(弱虫ペダル挿入歌)は、この企画らしくて良かったです。
(一人で歌って、佐伯ユウスケがダンスなどで参加)


物販は無し。
せっかくの機会なんだからCD等の関連アイテムくらい売ればいいのにねー。

ちなみに本日出演のアーティスト、来年春までに全員ワンマンライヴが決まってるところがすごい。
今後も色んな作品で曲が聴けるのを楽しみにしてます。


---
関連記事:
YURiKA「アニメと共に歌が歌えて幸せ」さらに『弱ペダ』『高木さん』『君の名は。』も! TOHOアニメ初のレーベルライブレポート
https://spice.eplus.jp/articles/263436

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »